彼岸花咲く 北関東

彼岸花

★20160930:[彼岸花2016 彼岸花・ 速報版]・・・今年の9月25日に太陽が出たので、急遽訪ねてきました・・・このときは、かなりの多くの花目が残っており、これからまだまだ見ごろのようでした・・・その後暑い日が2日ばかり続き、家の彼岸花の弱ってしまいました・・・多分、今年の彼岸花観賞は、今週の日曜日が、見納めになると思われます・・・「栃木県から大子袋田の滝まで旅記録を参照ください

●特記事項:  今年2016年の彼岸花の季節は、ほぼ終わりました。 沢山の方のこのページへのおいで、ありがとうございました。 ★最後に、多くの方に、このページを見ていただきありがとうございました。 これからは、通常のページに戻り紹介を続けます。

  そのページは、こちらです。 「栃木県みちくさ情報」 「花旅」 「花旅散歩情報」・・・以上のページが主体となり、色々な旅、花情報、季節情報を 紹介していきます。  よろしくお立ち寄りくださいませ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

★20160912:[彼岸花2016 芽が出てきた彼岸花・ 速報版]

★2016年のヒガンバナもそろそろ地面の中で咲き出す用意をしていることでしょう・・・後ほぼ一ヶ月たつと咲く彼岸花! 今年はどのようになるか楽しみです・・・そこで、ヒガンバナのかな以下などまとめた彼岸花の章kじゃ伊特集をやっています! ぜひご覧ください・・・「彼岸花2016 北関東」と言うページです・・・ここでは、関東のヒガンバナの場所を特集して開花も予想しています・・・

 「粟野の常楽寺」、そして「伊勢原の日向薬師」あたりの道脇で見かける萩の花は豪華なものでした!★「都幾川のシュウカイドウ」「都幾川シュウカイドウ2

 

毎年夏が終わり彼岸が近づくと曼珠沙華が咲き出します。 北関東では、9月20前後に咲き出します。 本当にお彼岸の時期に決まって咲くので彼岸花と呼ばれるのでしょう。 この端は、あまり地温が高かったり、雨が少なかったりすると咲き出しの生育が悪いようです。 そして咲き出すと2番花、3番花というように咲いて行き、数日で黒色に変色してしまい見頃を失います。 先出しには美しい艶のある赤い色で、見ている人を魅了してくれます。最新情報:「北関東の彼岸花ガイド2013」「権現堂彼岸花満開2012」 「2012常楽寺の9月初めの様子」 「彼岸花の紹介地図もご利用ください!」 「彼岸花一覧集」20120912簑沢から茶の里公園へ 「関東の秋特集」 「 神奈川県の彼岸花」 「彼岸花咲き乱れる簑沢から茶の里公園近道案内図」 「20120914彼岸花咲く烏山から茂木街道筋紹介 最新情報 「花旅のブログ初めました!

 今年も、既に8月が半ばを過ぎて秋雨前線が現れています。 丁度後一ヶ月足らずであの真っ赤な彼岸花を見る季節になるのです! 彼岸花の時期には、比較的天候もよくかなり湿度も少なくなるので感覚的に行楽の秋の時期といって良いのかもしれません・・・・多くの人たちがこれらの花を見にやってくるのです。 特に首都圏から見に来る人達が多いようです・・・・ここではそうした彼岸花の名所を写真で紹介してみましょう・・・・そして今年の彼岸花鑑賞の目安にするとよいでしょう・・・・

☆☆☆その他彼岸花集の参考例:常楽寺の曼珠沙華  常楽寺2007  彼岸花一覧 彼岸花咲く粟野街道と周辺  粟野街道と彼岸花 彼岸花咲く粟野街道と周辺 - 旅写真風景花の情報館

 

北関東彼岸花名所紹介

北関東の彼岸花は意外と少なく、群落地というと福島市内が最終エリアのようです。 先ず、粟野地域、群馬太田地域、簑沢地域、大子地域というようにこの周辺に彼岸花の群落地が集中しています。 そしてうまいことにこれらの咲く時期が南から段々と北に登ってゆくのですべて見ることもできるのです。☆☆☆ 「以前からの彼岸花一覧もどうぞ!

 

粟野の彼岸花

粟野地域の彼岸花というと比較的最初に咲くのが遊の郷の近くにある川べりの彼岸花の群落地です。 一時期には、この河の橋が人工的でムードがありましたが、今では正式なもっと下に寄った川べりから橋を渡るルートが完成して駐車場も整備されておりかなり立ち寄りには素晴らしい場所となりました。 ここは、現地のボランティアーの方々が寄せ植えをしてこの川べりにこれほど多くの彼岸花を咲かせたということなので毎年お年寄りたちが花の鑑賞に咲き出すとすぐに鑑賞の為の会合があるようです。 それらは、新聞上でも紹介されるのでそれを見てからゆけば花の鑑賞時期を逃すことはないでしょう・・・・「粟野常楽寺と遊の郷彼岸花」 また、この時期ちょっと見落とすのが、茨城県境の茂木城址の彼岸花でしょう・・・・この周辺も彼岸花が多い場所の一つなのです! ここも途中の道は狭くとも超常の駐車場は広いので安心して駐車してから見ることにいたしましょう・・・・

参考: 例年の曼珠沙華の咲き出す時期について

1)先ず粟野の遊の郷の曼珠沙華が咲き出して口火を切ります・・・・そして常楽寺の曼珠沙華が一週間くらい遅れて咲き出します。 ここは例年咲き出しが遅いのです。 また、鹿沼市の運動公園あたりの彼岸花はそれよりも一週間程度遅れるのです。

2)これらの花が咲き終わるといよいよ簑沢とか茶の里公園辺りの赤い彼岸花が満開を迎えるのが例年の姿なのです・・・・さあ、今年は何処を見にゆきますか? 最もこの時期秋雨前線があるので天候の具合もありますが比較的長く咲くので見落とすことはないでしょう・・・・

遊の郷近辺の彼岸花

この時期の直ぐ後に群馬県の早川淵の彼岸花です。 ここは、早川という農業用水が流れている川の土手の下の低い場所に咲く彼岸花の名所です。 ここにゆくには、比較的簡単で北関東自動車道の気流太田インターの次のインターを降りて南に約4km程度まっすぐに行くとこの場所に行くことができます。 ここは、春ならばボタン寺で有名な寺のある道なのですがさすがにこの時期では花を見る状況ではありません。 ここは、直ぐ傍に向上があったり民家があったりと本当に狭い場所なのですが、その一部に彼岸花が群落で咲いているのです。 全く思いもよらない場所に咲く彼岸花なので驚かされます。 うまいことに木々が彼岸花の咲く場所を日陰にしてくれるので彼岸花が悠々と咲いており生育はベストです。 これはきっと早川の水の流れが影響しているのでしょう・・・・彼岸花の丈がかなり長いのが特徴です。 きっとあの巾着田の彼岸花に似ているようなきがします・・・・

 

群馬早川淵の彼岸花

次に紹介するのが、この地のすぐ太田市よりにある常楽寺の彼岸花です。 この両者が満開になるのは全く同じではないのですが、それは我慢してせっかくですから遠方の方々はその時期に見てきてしまうとよいでしょう・・・・この寺は、とても庭がよくできていいて、綺麗なたらです。 勿論関東の百花寺ですが・・・・駐車場もあり、花の寺だけあって彼岸花の配置も素晴らしく池があったり建物を鑑賞したり、またこの時期には萩の花も咲いておりほんとうに色々な花を鑑賞できる名寺古刹なのです・・・・

☆☆ 伊勢崎の早川淵の彼岸花の様子は、伊勢崎市のHPで毎日改訂されています。 これは、「Go Isesaki」というページで花情報等とても参考になるのでここで紹介しておきます! いろいろなニュースがあって参考になります・・・・

 

群馬県常楽寺の彼岸花

では、勘違いする人も出てくると思いますが、常楽寺です。 ここは粟野の常楽寺です。 同じ名前の百花寺があるのです。 ここは、粟野地域の寺であり、やや山がちのスロープに建つ古刹です。 写真を撮る人にはこうした変化のある起伏を生かした撮影ができるので人気のスポットです。 栃木市から北に向かい星野遺跡、出流地域、そして大越路峠のトンネルを抜けるともうその寺の近くです。 もし時間のある方々は、この寺から北に2km程度粟野方面に行くと花農場あわのがあるのでここで食事ができたり花を見たりすることもできます!「常楽寺彼岸花」 「常楽寺紹介2

巾着田

北関東でも最も広いエリアに咲いているのがこの巾着田。 しかし車が混み合うのが残念! 川の流れが巾着ににているところから巾着田の名称が出たそうであるが、その広大さには驚かされる・・・100万本の彼岸花が一斉に咲き誇る・・・

巾着田2012年10月4日満開

権現堂堤の彼岸花

忘れてはならないのが権現堂の桜とこの彼岸花、幸手にあるので東武電車でも行ける・・・最近では花数が巾着田と同じ100万本に達成したとか・・・・ここは駐車場も無料でゆったりと探索できて桜の木で影ができているので涼しく花を観賞できるのでおすすめ! 

権現堂の彼岸花2012年10月05満開

泡の位常楽寺の彼岸花と鐘楼

さて、粟野の周辺を紹介しましたが、この粟野周辺の彼岸花は街道筋にいたるところに彼岸花が咲いています。 と言うことは、いたるところに田畑の脇に彼岸花が咲いているのいでいろいろな被写体とバックで写真を取ることができるベストな場所といえるでしょう・・・・下の写真は、秋山川の流れる秋山地区です。

泡の地域の田畑の彼岸花風景

ここまで紹介すると、後は意外と彼岸花はないのです。 勿論いろいろな場所で彼岸花は咲いているのですが、群落として咲いている場所はないということです。 特に最近は農地の改良がされているのでこれを行った地域はほとんど彼岸花がなくなっています。

では、つぎに簑沢です。 かなり遠くに飛んでしまいますが、那須インターから東に下って大田原、東山道道の駅あたりから北に登るとほぼ30分くらいで好みの沢の彼岸花群落地に到着することができます。 ここは、今では、ボランティアーたちが手入れをしているので物量的に彼岸花の両が素晴らしく、周辺の自然風景も素晴らしいのでお勧めです。 こんなに彼岸花が咲いているのかと驚くくらいです・・・・因みに簑沢とは、簑『みの』沢と呼ばれます・・・・・最近では、この彼岸花が咲く時期には、那須の観光バスがこの地に東北道を迂回してこの場所の観光を含ませたルートを販売しています! 温泉と彼岸花といった組み合わせには適しているのでしょう・・・・

簑沢の彼岸花

常陸太田彼岸花の里 茶の里公園の彼岸花

   さて、ここからつぎの場所を紹介ですが、ここ東山道から雲岩寺の方向へ伊王野道の駅の脇から入り進みます・・・・すると道は、農道ですが、ところどころ彼岸花が咲いている場所が見当たります。 彼岸花は多く見られます・・・昨年植えて頑張っているような場所も多いようです! そして段々と大子の方面へと足を向けて行きましょう・・・・すると「大子の茶の里公園」という場所があります。 ここは茶畑が多く山がちの地域です。 この集落に自然に多くの彼岸花が群生しているのです。 もうここに入れば何も場所を紹介することはないでしょう・・・・至るとこっろに彼岸花が咲き誇っているからです・・・・この地域の彼岸花の咲き具合を紹介するときにはこの茶の里公園の事務所で聞いてみると咲き具合がわかります。 

   そして、2015年は、失敗の経験がありました! 茶の差と公園のページで見ると、身頃ですと意外と早く報道されていたのです。 しかしそんな早く咲くことはないだろうと思っていると、簑沢の満開を待って同日に尋ねた結果、茶の差と公園では、無残にも彼岸花は全部真っ黒になっていたのです・・・今まで、このような警官はなく、ほぼ簑沢から行くとほぼOKだったのですが、2015年は、早すぎた秋でした・・・茨城県となす地域ではかなり温度が異なっていたのでしょう・・・・参考にしてください・・・

茶の里公園の彼岸花

この茶の里公園は、簑沢と比べて自然に変化があって、平坦でなく昔風のはざ掛けの稲があったりと素晴らしい境地です。 また殆ど車が来ないことから、カメラマンも多く来ています。 この場所は道路から見るだけでなく、道路から東に置くに、盆地があってその集落の彼岸花もとてもすごい場所です・・・忘れずに訪れると良いでしょう・・・とても素晴らしい彼岸花の里です・・・こういう場所は、年々少なくなってきています・・・

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

県外場所の彼岸花:

県外の素晴らしい彼岸花も紹介しておきましょう・・・それは、伊勢原の日向薬師の彼岸花ということです。 日向薬師の近辺まで行くと驚くことに田畑だけでなくかなりの家が連なっており、北関東のそれとはかなり異なる・・・さすがに都内から近いとこんなにも人が 住んでいるのかと驚かされるばかりである。 ここは、話によると、例の有名な丹沢山系のある場所・・・・実際、訪ねてみるとそのような山が見えてくる・・・ 後でわかったことは、この伊勢原から見える山は大山で、丹沢山は、大山の裏側で見えないとのこと・・・・

民家のある伊勢原地区の彼岸花

まあ、いずれにしても彼岸花を観賞するならば、とてもお勧めの場所です。 色々なコースがあるので、欲張って一度でその全部をまわろうとすると、足が痛くなることもあるでしょう・・・ここでは、私の実際にたずねたときの記録があるのでご覧ください・・・伊勢原の日向薬師の彼岸花 広さから言うと、比較は難しいのですが、簑沢が3箇所といったところでしょうか・・・バスの終点の彼岸花のエリアは混雑していますが、他の場所は、意外とすいているのには驚かされました・・・

伊勢原の彼岸花と農家

伊勢原日向薬師の彼岸花は、こちらで紹介しています。 旅の参考にしてみてください・・・開花時期は北関東よりもさすがに早いです・・・

--------------------

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以上もうすぐ花の見頃を迎える彼岸花の紹介でした・・・・今年はどうなるかわかりませんが適量に雨があって冷気が来ることを祈ります! あまり残暑があると花がやはり疲れてしまうのでしょう・・・・「粟野周辺と彼岸花」 「彼岸花参考情報」 「粟野永野地区と彼岸花」 「粟野周辺彼岸花、萩紹介2007

以上彼岸花『曼珠沙華』の咲く名所を飛ばしながら見てきましたが、これらを全部見て鑑賞しようとしても時間的に大変でしょう・・・・最もどうしても見たいという方には、南から段々と咲くことは決まっていますがその細かい様子は、個々に異なります。 やはりこことここを見ようと決めてからゆくとよいでしょう・・・・

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

★その他彼岸花の名所:

茨城県行方市 西蓮寺 ・・・

JR常磐線石岡駅から関鉄グリーンバス玉造駅・鉾田駅行きで40分・・・かなり彼岸花を多く植えて、素晴らしい寺になってきているようです・・・ 「その他参考ページ

乙女かわらの里公園 (乙女不動原瓦窯跡)・・・・

この場所の彼岸花は特徴として公園の中に遺跡とともに咲く彼岸花の群落地です。 花が沢山量的には咲いていますが、まだ観光化はされていないようです・・・ここでとてもよく紹介されているブログがあったので紹介しておきます。 

花之江の郷の彼岸花:・・・

彼岸花も沢山咲いていないと興味が薄れます。 この花之江の郷についてブログで紹介があったので、ここでリンクして紹介しています。 彼岸花の豪華さを体験してみてください・・・

栃木市 大柿花山の彼岸花

 この場所も彼岸花の名所なのですが、どのくらい咲いているかはちょっと分からない方も多いでしょう・・・花之江の郷の丁度南側のお隣の山にこの場所があります。 両方訪れると半日はなくなってしまうような広大な自然公園です。 彼岸花の開花状態が良く分かるブログがあったのでここで紹介しておきます。参考に出かけてみてはいかがでしょうか・・・

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

参考: 例年の曼珠沙華の咲き出す時期について

1)先ず粟野の遊の郷の曼珠沙華が咲き出して口火を切ります・・・・そして常楽寺の曼珠沙華が一週間くらい遅れて咲き出します。 ここは例年咲き出しが遅いのです。 また、鹿沼市の運動公園あたりの彼岸花はそれよりも一週間程度遅れるのです。

2)これらの花が咲き終わるといよいよ簑沢とか茶の里公園辺りの赤い彼岸花が満開を迎えるのが例年の姿なのです・・・・さあ、今年は何処を見にゆきますか? 最もこの時期秋雨前線があるので天候の具合もありますが比較的長く咲くので見落とすことはないでしょう・・・・

 

★彼岸花参考情報: 彼岸花を見つけてみると意外な場所で発見できる。 茨城県では、常陸太田が有名・・ここで関連記事を紹介してみましょう・・・彼岸花一括 (以下の紹介は、このページで一括紹介されています!)

1)旗桜で有名な旌桜寺の彼岸花: 旗桜で有名な旌桜寺の彼岸花  常陸太田市瑞竜町[2011]・・・旌桜寺(せいおうじ)の由来::  旌桜寺については「新編常陸国誌」に、寛文3年の正宗寺書上によると、徳川頼房が旌桜寺を再興したのは慶安4年(1651年)とあり、白雲山の山号は徳川光圀が元禄4年(1691年)に付けた記とされています。
元は臨済宗円覚寺派の寺であったが、現在は源頼義・義家の位牌を納めた祠堂があるそうです・・・

2) 木橋と彼岸花が満開::常陸太田市新宿(あらじゅく)町・・・源氏川は上大門(かみおおかど)の十国峠あたりから流れ出し、山吹運動公園からさらには里川に合流する長さ10キロ程度の短い小さな川です。十国峠で大雨が降ると堤防の際まで増水しハラハラします図書迂回があります・・・

3) 里川の馬頭観音と彼岸花::常陸太田市西宮町・・・里川の堤防は春には菜の花、秋には彼岸花の咲くフラワーベルト。  地域の財産として自慢のできるお宝です図書迂回があります。

4)諸沢に咲く赤い彼岸花::常陸大宮市諸沢 赤坂高崎集落・・・金砂郷 上宮河内町内の地蔵さまから西の山道を登ると奥久慈グリーンライン(犬吠峠-三太の湯)に出、三太の湯方面に走ったのち細い道を上宮河内町方面に下ると、心細くなるほどの狭い道、電線が通っているので人家があるだろうと思いつつ進むと人家が一軒、山の斜面・・・での紹介です・・・

5)彼岸花の咲く頃 松平町の地蔵さん::松平町 水府物産センター近く榎木かもしれない巨樹の根元に地蔵さんや馬頭観音、石塔などが数体立てられている小さな山に彼岸花が群生しています・・・図書迂回あり・・・

6)彼岸花の咲く頃 下利員の西光寺::

7)彼岸花の咲く頃 松平の地蔵さん::松平町 水府物産センター近く榎木かもしれない巨樹の根元に地蔵さんや馬頭観音、石塔などが数体立てられている小さな山に彼岸花が群生しています・・図書迂回がありました。

実をいうと、この近くまで訪れるのですが、なかなか他県から行くのは遠いので全部はみられません。 そこで今回はこの方の内容をここで紹介させていただきました。すばらしい彼岸花の紹介です。  みなさまも楽しんでみてください・・・

 

旧情報:

★簑沢彼岸花20140921に咲き始めて今週の末、見頃を迎えます! ★★20130928(まだ見れる彼岸花特集」 新規追加:20130922現在の最新彼岸花開花情報   最新のブログも参照ください  ★ 今年2014年は、一寸変わった年で彼岸花の開花が早いようです。 そして萩の花が素晴らしく綺麗です。 どういうわけかわわからないのですが、彼岸花と萩の対比ができます

旅行・観光ランキング 旅行・地域ランキング 旅行・地域ランキング 

▲ページの先頭へ