タンバラ ラベンダーパーク

タンバラ高原 ラベンダー 開花情報

ラベンダーパーク 群馬県では、美しくラベンダーの花が咲き誇っています。もう直ぐ、ほぼ前面満開の時期を迎えます。

 

    20160720: こいむらさき(早咲きラベンダー) 中腹|ハイランドガーデン(中間) 7月20日現在: 今年の梅雨もそろそろ明けて、青空の下でラベンダーを楽しめることでしょう・・・やはり天候は大事ですからね・・・ お徳:WEBクーポン

    ことしもタンバラ高原のラベンダーのオープンが始まった・・・・関東地域に住んでいると地上では、ラベンダーも一息ついて終わりを迎えているが、やはりこうした高原では、夏休みに向けてラベンダーが咲き乱れるのである。 昨年は、8月にこのパークを訪れたが、理由としては、この時期は熱いだけで花が少ないことがあげられる・・・・何処か見にゆこうとしてもそれほど多くの花の群落地はないのが常なのである。 そういう点ではこうしたスキー場が、ラベンダーを育成して観光客を迎え入れるといったことは良いのかもしれないのだ!

 実際は、ラベンダーだけでは、旅の内容が薄いので、これにゆり園の見学も含めて大鞍スキー場のゆり園も訪れてみた。 ここもなかなか多くのゆりが咲いており、絵ラベンダーとゆりを見ればほぼ十分の観光コースとして定着できるようである。 関東からゆくのには高速で行けば、簡単でありなんの心配もいらないであろう・・・・このコースの特徴は、なんといっても日光連山の西側ということで帰りがけに日光を回るといった楽しみコースが待っているのである。 タンバラ高原、大鞍スキー場のゆり、そして日光湯元といった日本ロマンちっく高原のラインを人またで渡り歩けるのだから素晴らしいことなのである・・・・ラベンダー高原の、好感を持てる点は、いろいろな花が咲いている場所に、プラカードが立ててあって、その名称が描いてあるので花を知るのに好都合なのです・・・

タンバララベンダーパークにて

 

 

では、具体的に見てみよう・・・・先ず関東の高速道路で関越道路に入り沼田インターで降りる。 そのあとはタンバラ高原に向かえば良いわけであり本の小一時間程度で上り詰めることができる。このコースは、この時期には、果物が少し早い時期ではあるにしても農園は開演しており早生品種ならば販売もされており、特にラベンダーは、沢山栽培されているようで、田園風景と言うよりも果物の産地といった感じのする緑の楽園が見て取れるのである・・・・・ところでここではラベンダーの摘み取りを有料でやっており一番下のリフト乗り口でやっている。そういう点では、先ず上の本番の花を見てきてからここによって摘み取りをやれば良い! それから、最初の上りは、殆どの人がリフトで登ってゆき、上を見てから帰りは殆どの人が歩きで下りてきているのです。理由は、途中に夏の花などが(自然の野草)が咲いており名称などもあるので楽しみながら歩けばすぐに降りてこられます。 それほどの距離ではないのです・・・・・上は比較的広大なエリアが広がっているのでゲレンデ間の狭い通路『いわばバイパス通路のこと)を利用して最短コースで見て歩くとよいでしょう。 なかなか見応えがありラベンダーもいろいろな品種があるため下が枯れれば次のエリアというように何処かで満開のラベンダーが気管内ならば楽しめるようにできていました・・・・すべてが満開の時というのは、そういう点でないのです! しかしあまり時期が遅れると紫の色が黒くなってしまいます。 その手っっは、事前に電話でラベンダーの咲き具合をよく聞いてから行とよいでしょう・・・・

タンバララベンダーパークにて

 

決して高い山は見られずいつの間にか迦葉山の脇を過ぎるともうタンバラ高原の案内が出てくる。この間はほとんど直線的な道でありドライブは快適であり車の数も少ないので安心である! 単ばらこ周辺で少しつづら折りを登れば蒙古斑に出て、直ぐにラベンダー高原であるタンバララベンダーパークに至る。 さすがにラベンダーコースは、スキー場だけあって広い駐車場がありその何処においても良いが、無料で置けるようになっている。 入場券販売も全くスキー場の入口の感じのままであるが、興味深いことはここからラベンダーは一切見ることができない・・・・

タンバララベンダーパーク案内板

 

入場券を購入して大きな建物の中に入るとすぐに花畑やら、ラベンダー摘みとり農園などなどが見えてきて、そこによらなければリフトで頂上付近を目指すわけである。 一般的には帰りのコースで立ち寄るとして先に超常の雲上コースの方のラベンダーを楽しんだほうが良いだろう・・・・ここからは、山頂方面はいp気候に見ることができない。ラベンダーはよく咲いているのかと心配しながらリフトで途中までゆくとだんだんと開けてきてそのラベンダーのコースが順々に見ることができるようになる。

タンバララベンダーパーク入り口にて

 

 

このラベンダーコースはよくできておりいろいろな品種が植えてあるのでかなりの期間に渡りラベンダーが次から次へと咲いてゆくので何時訪れてもその中のラベンダーに当たるわけで心配がないようになっているのだ・・・・☆☆☆「鹿沢ゆり園」「尾瀬岩鞍スキー場のゆり園

タンバララベンダーパークリフト乗り場から見る

 

 

かなり上のひろばは広くゲレンデの中央広場といって良いのだろうが、沢山の店が立ち並び何処に最初は入って良いのやらと迷うほどである。 スキーは履いていないので相対する場所に行くのも徒歩でなければならないが、さすがに高原なのでそれほど暑さは感じないのが実際の感触である。

リフトに揺られて

ここは、ゲレンデの間を渡り歩けるバイパスがあるのでこれを利用すると色々なコースからラベンダーや花を楽しめるようになっているのでこのコースを是非利用して見忘れの内容に縦横に歩き楽しんだほうが良いだろう・・・・・

山荘が至る所の咲いておりとても綺麗だ・・・・・

もし一般的な足に実親がある方ならば降りるコースは、あるって下までゆくと良いだろう・・・・思ったより下りコースなので足が進み花やいろいろな野草がなっておりその一つ一つに説明名札もあるので楽しんで下座wんできるからである。 大方の人たちは、この下山コースを歩きながら降りているようであった・・・・

本当に多種の野草があるものだと思わせる

後から説明しようと思っているが、帰りがけには、ぜひ迦葉山をお参りして帰りたいものである ・・・・・天下一の天狗の面で有名なこの迦葉山の歴史を紐解いてみるのも良いのかもしれないからだ! ぬあたしに昔から続く伝統の文化に天狗の面を担いでまちをねりあるく行事も有名であるがアレはここから着ている天狗の面であり、ここの天狗はとても可愛らしい面を持っていることも特徴といえよう・・・・もし信心したいならば、借り面といった方法で天狗の面を借りて来る方法もあるので興味のある方はぜひ一考してみてはいかがだろうか・・・・

やはりラベンダー畑は魅力的である・・・・

たんばらラベンダーパークもとても広い・・・スキー場であるからといえばそのとおりではあるが、平らな場所があるのでちょっと他のところに行くのには都合が良いといえる。 

ラベンダー畑に集まる人達

こうして見てみると広大な敷地に人がバラバラになっていてもかなりの人が着ていることがわかる。 ここだけが見る場所でないからだ・・・・ラベンダー観賞地のためのお立ち台なども用意してあって色々と楽しめるコースが盛り沢山である。この日は、遠く山並みが見えており、新潟方面へは、まないたぐらが見えていた・・・・・あれが谷川岳である・・・・・

花が美しい

途中途中に小さなショップが設けr垂れておりそこに吊るされている花の美しさにはうっとりとする。下界ではこうした感じの鼻は見ることができないからだ・・・・やはり空気清涼感がそうさせてくれているのであろうか・・・・

花の色が美しく輝いている鉢物・・・・

下まで歩きながらもうすぐ出口・・・・せっかくの下の花壇周辺で自分の一枚を切り取っている人が多い・・・・・花は何時見ても美しい・・・・・

タンバララベンダーパークにて

 

入場料など: この時期この高原では、丁度あじさいが満開となる・・・・・白い色彩の花がなんとも言えない色で周辺を飾っていたのは、なにか夏の終わりを感じさせるようでもあった・・・・赤とんぼが周辺の沢山飛んでおり高原の空きが近いことを知らせているようでもあった・・・・・ 入園・リフトご利用料金 [入園料](大人は中学生以上、小学生未満無料)
大人¥800~¥1,200 / 小学生¥300~¥500

障がい者の方は、ご本人様のみ入園無料(手帳表示)
(ご利用方法:障がい者手帳を入園券売場でご掲示ください。) 2015-2016たんばらスキーパークのリフト1日券で大人1名様入園無料
(ご利用方法:入園券売場でリフト1日券をご提出ください。) [夏山リフト料金](大人は中学生以上、小学生未満無料)
●ウッディライン(7月2日~8月28日運行)
往復:大人¥800 / 小学生¥600
片道:大人¥500 / 小学生¥350
●ラベンダーライン(7月16日~8月14日運行)
上りのみ:大人¥500 / 小学生¥350

お徳:WEBクーポンで、¥100.-引き

▲ページの先頭へ