軽井沢レイクガーデン バラ園

バラの美しい 軽井沢レークガーデンのバラ

 

 

軽井沢には、大きなバラ園があ2つ有る。 一つは、レマン湖にあるここで紹介する軽井沢レークガーデンである。 もう一つうが、同じ近くの場所で旧塩沢湖のタリアセンのバラ園である。 この2つとも興味深いのが、関東地域から見ると約ひと月以上遅れてバラが満開になるのである。 まちなかではもう暑くて大方の花々が形を崩して花の時期が終わるのにこの軽井沢では、このレマン湖のほとりに沢山のバラが咲いており驚かされるばかりなのである。 素晴らしいバラの競演であり、本当に今頃咲くのかと驚かされるのである。 

ただひとつ大きなドローバックは、なんといっても7月の初めから中旬までは、梅雨の季節に入り丁度梅雨の時期がこの軽井沢地域のバラが咲くので季節的には関東地域から見ると良い時期とはいえないのである。 ☆☆☆[レークガーデンの様子」 「8月のレークガーデン」 完成しました・・・・「夏のバラ咲くタリアセン」 ☆☆☆今年最後を迎える「鹿沢ゆり園」「尾瀬岩鞍スキー場のゆり園」 「関東の秋特集「那須フラワーワールドと秋の旅紹介」房総のバラ園Rose Gardenバッラクライングリシガーデン

もっとも8月の初旬ころまでバラが咲くというから梅雨の走りの時と終わってから見るといった鑑賞の仕方も考えられる素晴らしい場所であることには違いないのである。 [KARUIZAWA Lake Grden]と紹介されっっており、美しく優しい水辺のガーデンリゾートと紹介されているのである。 (20120716)

 

 

軽井沢レークガーデン紹介

国庫の入園料は、800.ーであり駐車場は無料で入ることができる。 開演期間が設定されており、4がつの下旬から11月上旬までであり、開園期間中は、無休と紹介されている。 ペットの入園は、抱っこしてか、キャリーバック入りの場合のみ許可となっているので気おつけましょう・・・・その他庭園クラブというコースがあって一般会員は年5,000そして家族会員は4,000で常時入れるようです。 軽井沢周辺を探索するためのパンフレット、地図は、こちらが良いようです。 軽井沢観光情報 

 

 

「軽井沢アウトレット案内地図ガイド

軽井沢レークガーデン

ここは、バラ園といっても自然の織り成す広いレマン湖湖畔にバラ園を併設しておりレマン湖の雰囲気が素晴らしくこの時期には末期色のアサザが咲いており黄色のレマン湖とバラの庭園を十分に鑑賞できます。 どう早くあるって観ても40っ分程度はかかる広さであり、驚くくらいのバラと自然の草木が、沢山花を咲かせています。 さすが軽井沢だからできるのでしょうがなんといっても環境の空気感がなんとも言えずそこに花が咲いているのですからムードいっぱいの自然を楽しめて、その中を探索できるといった見方、鑑賞の仕方ができるのです。

 

 

軽井沢レークガーデン

色々ガーデンは見てきていますが、こういったレマン湖ほとりの軽井沢レークガーデンのようなムードのある庭園はあまり見たことがなく最上クラスに入る庭園といえるでしょう! まずは一度行ってみる事です。

 

 

軽井沢レークガーデン

後からも紹介しますが、軽井沢インターから下りて通常通りの道で市内に向かうとプリンスホテルが右側に見えてきてゴルフコースが始まります。そしてた左に曲がる丁字路が現れてそこに咲く方面近道という看板が出てきますから、そこを曲がり後は道を真っ直ぐ進むとレークタウンというエリアに出ます。するとしばらくして左側に素晴らしいレンガのレークガーデンという案内板が現れるのでそこを入ってゆけば良いのです。中は不動産部があってかなり広くレマン湖は、なかなか見えて来ませんが、先ず駐車場が右側に案内板があってそこを廃炉駐車します。 

 

 

軽井沢レークガーデン

sとは案内板に従って入場料を支払えば入れるようになっているのですが、興味深いことは、ここには、ホテルといろいろなレストラン、小物販売所、トイレが入場券発券所手前にあってここは自由に入れるようになっているのです・・・・とにかく自然とレストラン、ホテルなどの素晴らしい建物とバラの花が咲いており本当にメルヘンの地域に来たなという感じが周辺から漂っているのです。

軽井沢レークガーデン

入場券を購入すれば、後は何処からまわっても良いのですが、順当には、真っすぐ進みレマン湖のほとりをめぐるのが良いでしょう・・・・とにかくいろいろな場所にバラが植わっているので見失わないように全部回って切ることをお勧めいたします。 レマン湖周りには色々な橋とかめがね橋とかあって豪華な雰囲気を表現してくれっているのです。 呼応行った場所に住んでみたいという方々にはこのレマン湖の裏の方は土地、建物の販売も行われており、バラの花と、自宅を同じ場所に作り楽しんでいるオタクの多いことに驚かされます。

軽井沢レークガーデン

また、花が好きな人は、バラの花柄を摘んでいる人達もいるのでそう言いう人にバラの手入れを聞くとほんとうに丁寧に教えてくれるので好きな方はよく聞くとよいでしょう・・・・とにかく軽井沢の一等地でのバラ園ですからほんとうに有難いことです・・・・

軽井沢レークガーデン

レークガーデン地区と呼ばれるだけあってとても移出な感じの場所です。ちょっと軽井沢を車で通過しただけではきっと見逃す小さな風景です。 水辺にある眼鏡橋も洋風な雰囲気を与えてくれます.ボートなどもあったので雰囲気作りには満点です・・・・

軽井沢レークガーデン

ここはバラ園から通ずるレストラン、ホテルの場所です。このレマン湖を一周すると自動的にこのような場所に至りますが、とても綺麗な花が屋根上から下がっており、自然の真w真野すがたが再現されている丁度宮殿のような感じになります。とにかく周辺の建物とのマッチが素晴らしく緑も多く他の花々との構成が素晴らしい場所です・・・・

軽井沢レークガーデン

以上レークガーデンの梅雨時のバラの鑑賞です。 ここは、はっきり言ってバラ園というよりメルヘンチックな建物もあってバラの洋風総合公園とでも呼んだほうが良いのかもしれません。 個人の薔薇の家がたくさんあるようなイメージ構成がされておりとても素晴らしい場所です。 最初レマン湖のバラ園を知ってから、レークガーデンのバラ園を知ったのですが、コレが同じ場所ということも後から分かりました・・・とにかく軽井沢には素晴らしい場所が多いのです。ゆったりとした気分で鑑賞するとよいでしょう・・・・こんな素晴らしいガーデンは久しぶりでした!

参考事項: 毎年この時期軽井沢hじゃ花でいっぱいです・・・一方下界はというと毛6月の半ばでバラの花は打ち止めです! ここで自分の備忘録として追加しておきますが、松井田町内に個人のバラ園があるとのこと・・・ここで紹介しておきましょう。 いつか行きたいと思います。 ただ残念なのは、軽井沢が咲いている時には終了していることでしょう・・・「松井田バラ園」です。

▲ページの先頭へ